「ディスレクシア」とは?学習障害(LD)やディスレクシアを持つ有名人は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ディスレクシアとは 学習障害(LD)
ディスレクシアとは
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

「学習障害」とは、全体的な知能は普通なのに、

 

ある特定の分野のみに、極端な苦手を持っていること

 

を言います。

 

学習障害のむずかしい解説を読む前に、

こちらを読むと理解が進みますよ

 

「学習障害」のわかりやすいイメージとは

 

 

読みが苦手な学習障害は、別名「ディスレクシア」とも呼ばれています。

 

今回の記事では、学習障害の1つの種類として分類されている

読み書きが苦手な場合(ディスレクシア)

について、わかりやすく解説したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ディスレクシア」とは?学習障害(LD)やディスレクシアを持つ有名人は?

ディスレクシアとは?

読み書きが苦手な学習障害のことを、「ディスレクシア」と呼んでいます。

 

読みにくいカタカタですが、

この言葉は、英語をカタカタになおしたものになります。

 

ディスレクシア は、英語で dyslexia と書きます。

 

ディスレクシアの特徴は、全体的な知能は普通なのに、

読みや書きのみが極端に苦手、ということになります。

 

なぜ、読み書きだけ?

 

と思われる方も多いかもしれません。

 

まずは、その原因について、わかりやすくまとめたいと思います。

 

ディスレクシア(読み書きの学習障害)の原因とは?

まず最初にわかっておいてほしいことがあります。

 

それは、ディスレクシアについて、

現在の医学では、完全には理解できていない、ということです。

 

さまざまな状況証拠から、おそらく、原因はこれだろう

 

と考えられているのが現状になります。

 

新しい研究結果が出れば、ご紹介していきますので、

 

よかったら「お気に入り登録」をお願いします

 

 

ディスレクシアの原因とは

読み書きが苦手な人の中には、

生まれてから交通事故にあうまでは、苦手じゃなかった

といった方がいます。

 

この原因は、事故によって、脳に損傷が起きてしまい、

その結果、読み書きが苦手になってしまったわけです。

 

これと同じ状況が、生まれつきおこっているのが

ディスレクシアと考えられています。

 

つまり、ディスレクシアの原因の1つに、

脳機能の部分的な損傷、があります。

 

ディスレクシアは、生まれつき、脳に傷があるために起こる障害と考えられています。

 

この”生まれつき”のことを、

同じ意味で、言いかえると、”発達性”として書かれていることがあります。

 

他の本などを読んでいて、

  • 発達性って、どういう意味?
  • 発達障害の、発達ってなに?

と思われたら、

  • 「生まれつき」の意味だった!

と思い出してもらえると、理解がはかどるかと思います

 

 

ただし、ここで気をつけてもらいたいことがあります。

 

生まれつきの障害なら、努力してもどうにもならないんだとは限らない

 

ということです。

 

学習障害を持っていても、

 

大きな功績を残した人もたくさんいらっしゃいます。

 

ディスレクシアのある有名人は?

有名なのは、トム・クルーズさんです。

ハリウッドの大スターですが、読むのが極端に苦手で、

映画の台本を読むのは、他の方に読んでもらっているそうです。

読んでもらうのを聞くことで、台本の内容を覚えているのだそうです。

 

 

トーマス・エジソンも学習障害でした。

エジソンは、蓄音機、電話、白熱電球を発明したりした発明王です。

エジソンは学習障害を持っており、小学校を3か月で退学となった経験を持っています。

 

 

アルバート・アインシュタインも学習障害でした。

ノーベル賞をもらう人がそんなわけないでしょ?

と思われるのそのとおりなんですが、

アインシュタインは、数学以外は、全くできませんでした。

3歳までほとんどしゃべらず、運動は苦手、

学校の成績は数学だけとてもよく、

他の教科は全然ダメだったそうです。

 

 

このように、学習障害があっても、

 

苦手を補いながら

 

得意なことを伸ばすことで活躍できる

 

ということがわかります。

 

 

自分で学習障害と決めつけるのは、もったいない

 

  • テストで毎回点数が悪くて嫌になるよ
  • 何回やっても覚えれないし、自分はアホなんじゃないか
  • 昨日できたのに、朝起きたらもうできない

 

といったことを、何回も経験すると、

 

自分は学習障害じゃないか?

 

と疑うのは自然な発想だと思います。

 

そして、学習障害を調べてみると、

  • 生まれつき勉強ができない

と書いてあります。

 

それを読んだあなたは、

 

努力しても意味ないじゃん

 

もう勉強なんてやーめた

 

と、あきらめてしまうのではないかと心配しています。

 

ぜひ知っておいてほしいことがあります。

 

勉強がとても苦手でも、

 

実は学習障害でない、という方がいる

 

ということです。

 

 

それらを、学習障害に似た状態、ということで、

擬似発達障害(ぎじはったつしょうがい)

と呼びます。

 

この「擬似発達障害」の場合、

脳は正常なので、

訓練すれば、伸びていく可能性があります

 

可能性があるのに、あきらめてしまったら、もったいないと思います。

 

 

 

こちらもどうぞ↓

「学習障害の記事のまとめ(目次)はこちらです

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
学習障害(LD)
ミントをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生物や菌・ウイルス、進化・変異、そしてそれらの薬などについて学ぶサイトです
スポンサーリンク
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました