注意欠陥・多動性障害

学習障害(LD)

「学習障害」に関係ある「ワーキングメモリ」とは?またADHDとの関係は?

学習障害(LD)は、学習するのに困難を示す障害のことです。 学習障害での原因の1つに、「ワーキングメモリ」という脳の仕組みが関係しています。 またワーキングメモリは、ADHD(注意欠陥・多動性障害)とも関係があります。 つまり、ワーキングメモリは、LD・ADHDの両方に大切な考え方になります。 そこで本記事では、LDやADHDによる学習障害について、 より良い支援や、適切なつきあい方を理解したいあなたのために、 ワーキングメモリがどのようなものか、 ワーキングメモリと学習の関係、 ワーキングメモリとADHD(注意欠陥・多動性障害)の関係 について、わかりやすくまとめました。
2018.10.04
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました