ノンレム睡眠

学習障害(LD)

学習障害と睡眠の関係とは?(第2話):学習障害を克服するための睡眠とは

学習障害は、忘れやすい、覚えられない、勉強ができない、といった勉強が苦手な状態全体を指します。 勉強ができるようになるには、知識や解き方を覚えることが基礎となります。 記憶することは、良い睡眠をとることで強化することできます。 そこで本記事では、勉強が苦手だなぁといったお子様や、お子様の成績を上げたい親御様のために、 記憶力をアップさせる睡眠習慣について、 何時に寝て何時に起きるのが良いのか?その理由は何か?などについて、 わかりやすくまとめました。 睡眠習慣を変えるだけで、成績が上がるお得な情報はこちらからどうぞ
2018.10.31
学習障害(LD)

学習障害と睡眠の関係とは?(第1話)寝不足だと学習障害になるってほんと?

学習障害は、ざっくり言うと、勉強が苦手な状態のことです。本人は頑張っているのに、なかなかうまくいかないもどかしい状態になります。 勉強ができない場合に、その原因の1つに覚えられない、といったものがあります。 覚えられない原因の1つには、悪い睡眠習慣が考えられます。 睡眠には、その日の記憶を強化する働きがあるのですが、 悪い睡眠では記憶が強化されなくなってしまいます。 そこで本記事では、勉強ができるようになりたいお子様や、お子様の成績を上げたい親御様のために、 良い睡眠習慣をつけて、きちんと寝るだけで成績が上がる方法をご紹介します。
2018.10.31
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました